1. ホーム
  2. かんたん告知 はなさく定期 商品特徴
かんたん告知 はなさく定期	引受緩和型定期保険(無解約払戻金型) 健康に不安のある方でも加入しやすい一定期間の死亡保険。保険金額や保険期間はニーズに応じて選べます。

医師の診査不要

01

持病がある方や健康に不安がある方で
加入しやすい死亡保険です。

3つの告知項目*1がすべて「いいえ」であればお申込み可能です*2

*1 告知項目の詳細は、「告知項目を確認する」
から確認ください。

*2 告知項目がすべて「いいえ」の場合でも、ご職
業・過去の契約状況等によりお引受けできないこ
とがあります。

告知項目を確認する

3つの告知項目がすべて「いいえ」なら申込みいただけます。

告知項目

1

直近3カ月以内に、医師により入院・手
(カテーテル・レーザー・内視鏡によ
るものも含みま
す)・検査・先進医療を
すすめられたこと
がありますか。

ただし、以下表1の病気やケガによる入院・手
術をすすめられた場合で、告知日時点ですでに退
院している、もしくは
手術済みである場合、また
は以下表2の手術をすすめられた場合は「いい
え」となります。

2

過去2年以内に、病気やケガで入院・手術
(カテーテル・レーザー・内視鏡による
ものも含みます)・先進医療をうけたこ
とがありますか。

ただし、以下表1の病気やケガによる入院・手
術、または以下表2の手術の場合は「いいえ」
となります。

3

過去5年以内に、悪性新生物または上皮内新生物、肝硬変、認知症、アルコール依存症、統合失調症で医師による診療(問診・診察・検査・治療・投薬)をうけたことがありますか。

※現在、悪性新生物または上皮内新生物、肝硬変の疑いがあると医師に指摘されている場合を含みます。

ただし、「悪性新生物または上皮内新生物」については、治療・投薬をうけた最後の日から10年以上経過し、
現在、悪性新生物または上皮内新生物、肝硬変の疑いがあると医師に指摘されていない場合は「いいえ」となります。

表1 告知対象外となる病気や怪我一覧
表2 告知対象外となる病気や怪我一覧

※ 告知項目がすべて「いいえ」の場合でも、ご職業・過去の契約状況等によりお引受けできない場合があります。

用語解説と留意点

入院

教育入院、日帰り入院、検査入院も含みます。
ただし、正常分娩による入院や定期的な人間ドッ
クのための入院は含みません。
なお、入院中の場
合は、正常分娩に
よる入院であっても申込みいた
だけません。

手術

手術とは器具を用い、お身体に切断・摘除等の操
作を加えるものすべてを指します。カテーテル・
レーザー・内視鏡による手術に加え、帝王切開、
体外衝撃波結石
破砕術(ESWL)も含みます。また、
ケガによる手術、日帰り手術も含みます。

検査をすすめられた

医師の診察をうけた結果、または健康診断・人間
ドック・がん検診をうけた結果、診断確定のため
の再検査・精密検査をすすめられたことをいいま
す。(再検査・
精密検査をうけた結果、異常がな
く、その後の治療・通院等は不要と診断された場
合は除きます。)

投薬

病院や診療所で、薬の処方のみをうけた場合も含
みます。

悪性新生物または上皮内新生物

悪性新生物または上皮内新生物には、がん・上皮
内がん・肉腫・白血病・リンパ腫・骨髄腫・骨髄
異形成症候群・真性赤血球増加症・本態性(特発
性)血小板血
症・カルチノイド・GIST(消化管間
質腫瘍)・子宮頚部高度異形成(膣部を含みます。
)を含みます。

病気の疑い

「病気の疑いがあると医師に指摘されている場合」
には、医師から、口頭、書面を問わず、当該病気
の可能性について言及されていることを含みます。
(診察・検
査の結果、当該病気ではないと診断さ
れた場合は除きます。)

告知項目を閉じる

必ず確認ください

  • この商品は、告知項目を限定し引受基準を緩和
    することで、健康に不安のある方でも加入しや
    すいように設計されています。
    このため、保険料は当社の「はなさく定期」と
    比べて割増しされています。
  • 健康状態について、より詳細に告知いただくこ
    とにより、保険料が割増しされていない当社の
    はなさく定期」に加入いただける場合があり
    ます。
    (ただし、健康状態によっては、ご契約
    に特別な条件がつく場合があります。)

02

一定期間、万一のときに備え大きな安心を確保できます。

万一のときに死亡保険金を受取れます。

不慮の事故による所定の高度障
害状態
または身体障害状態になられたとき、以後の保険料の払込みを免除します。

病気や怪我の入院・手術・放射線治療を一生涯保障、保険料も一生涯上がりません

03

保険期間を通じて解約払戻金をなくすことで、保険料を抑えました。

04

保険金額・保険期間をニーズに応
じて設定可能
です。

のこされたご家族の生活資金の確
保、葬儀費用の確保等、ニーズに応
じて、保険金額・保険期間を設定で
きます。

  • 保険金額

    200万円から10万円単位
    設定できます

    契約年齢60歳以上かつ、90歳満期
    の場合は100万円から設定可能!

    * 最低保険金額は契約年齢や保険期間
    によって異なります。詳しくは主なご
    留意点等
    を確認ください。
  • 保険期間

    10年満期または90歳満期
    のいずれかから選べます。

参考データ

万一のときに備えておきたい金額

  • 生活費

    【1世帯あたり1か月間の支出】
    (2人以上の世帯のうち勤労者世帯)

    1カ月間の生活費 約32.3万円

    【内訳】

    食料 約7.7万円 | 住居 約1.9万円 | 光熱・水道 約2.1万円 | 家具・家事用品 約1.2万円 | 被服および履物 約1.2万円 | 保健医療 約1.2万円 | 交通・通信 約5.4万円 | 教育 約1.8万円 | 教養娯楽 約3.1万円 | その他消費支出 約6.2万円

    1年間に換算すると 約387万円 |  5年間に換算すると 約1,938万円

    ※端数処理の関係で、内訳の合計と1カ月間の生活費
    は一致しません。[出典]総務省統計局「2020年 家計調査結果 家計収支編」をもとに当社にて算出

  • 葬儀費用

    葬儀一式費用 平均121.4万円 | 寺院への費用 平均47.3万円 | 通夜からの飲食接待費 平均30.6万円 | 葬儀費用の合計 平均195.7万円

    *1 病院からの搬送、安置、飾り付け、会場祭壇設
    営、会葬御礼、
    霊柩車、ハイヤー、火葬費用、斎
    場使用料

    *2 お経料、戒名料、お布施

    ※ 各項目の金額は、費用が発生した人の平均額であり、
    これらの合計と葬儀費用の合計は一致しません。[出典](一財)日本消費者協会 「第11回葬儀についてのアンケート調査」(平成29年1月)

  • お墓代

    お墓代 平均190万円

    *3 新たに購入する場合に必要と思われる費用 [出典]エフピー教育出版「平成30年 サラリーマン
    世帯生活意識調査」

05

特約保険料無料

余命6カ月以内と判断されると
き、
生前に保険金を受取れます
(リビング・ニーズ特約)。

余命が6カ月以内と判断されるとき、死亡保険金に代えて
リビング・ニーズ保険金を生前に受取れます。

※ 上記は、保険商品の概要を説明したものです。ご検
討にあたっては、資料を請求のうえ「設計書」・「
商品パンフレット」・「契約概要・注意喚起情報」
を必ず確認ください。

カンタン見積もりは
今すぐ!

保険料
シミュレーション

「かんたん告知 はなさく定期」に加入すると
利用できるお客さま向けサービス

はなさく生命のその他の保険商品

医療保険(持病がある方向け)

かんたん告知 はなさく医療

はなさく生命について

はなさく生命は、
日本生命グループとして、
確かな安心をお届けします。

お電話での資料請求、お問合せ

はなさく生命 通販受付ダイヤル (通話料無料)

0120-8739-05
受付時間

月~金曜日 8:00~19:00/土日 9:00~17:00
(祝日、12/31~1/3を除く)

※通販受付ダイヤルのオペレーターには、契約の締結権・告知の受領権はございません。